中古車

中古車ショップの種類

中古車

中古車を選ぶ際には、まず店を選ぶ必要があります。全国的に展開しているガリバーのような中古車専門の店から、最近ではそこらのガソリンスタンドでも中古車を販売しています。

インターネットなどで購入することも可能ですが、やはり中古車は実物を直接見てから吟味したいものです。

 

中古車ショップの中でも、一番信頼性が高いのはディーラーでしょう。メーカーが直営しているので、少し値段は張りますが安心感はありますよね。

 

中古車を選ぶ際には、できることなら地域密着型の店を選ぶようにするといいでしょう。選べる車種は少なくなりますが、地元での評判を聞くことができますし、何かトラブルが起きてもすぐ対処してもらうことができます。中古車選びは、購入した後のことまで考えなくてはならないのです。できることなら、修理工場・整備工場が併設されている場所を選ぶようにすると、後々のサービスなども安心できますね。

 

もっとも、整備工場系の中古車の場合には、事故車ではないかどうかを確実に確認しなくてはなりません。表示されている値段だけで本当にいいのか、雑費はいくらくらい必要なのかという点までしっかりと確認するといいでしょう。また、ローンの詳細もきちんと確認することが重要です。

中古車選びは複数で

中古車を選びに行く際には、できる限り複数で行くようにしましょう。いくら車の知識があるからといっても、一人だけだと押し切られてしまうような可能性もあります。
決して「安い買い物」ではないのですから、友人などといって客観的な立場からアドバイスをしてもらうようにするといいでしょう。

 

チェックするべきポイントは…

店の対応
これは非常に重要です。良心的なお店は対応も良い傾向にあります。アフターサービスの問題などもありますので、友人などからしっかりチェックしてもらうようにするといいでしょう。
車の状態
欲しいものが目の前にあると、人間どうしても冷静に判断ができなくなってしまいます。このようなときこそ、第三者の目が重要となるのです。ここに不具合があるみたい…なんだか汚いなど、客観的な立場から、はっきりと言ってもらうようにするといいですね。
値段
値段の確認も重要です。

 

以上のように、忌憚なく意見を聞く必要があります。そのため、できるだけ親しい友人と一緒に行くようにしましょう。上司などを連れていくと、その人の意見を優先しなくてはいけなくなってしまって逆効果となってしまいます。
親しすぎてもあんまり意見を聞けないかもしれませんが…

3万キロを越えた中古車は要注意

車のサイド

中古車を選ぶときに、一番に注目したいのは値段と、走行距離です。中には、メーターを戻しているような悪質な業者もいるようですが、ほとんどの会社ではそのようなことはしていません。個人が細々と経営しているような、怪しい中古車やは避けるようにするといいでしょう。

 

さて、走行距離ですが、軽自動車なら3万キロ未満のものを選ぶようにするといいでしょう。軽自動車は、あんまり長持ちしません。10万キロを境に不具合が非常に多く出てきてしまいます。普通車は、15〜20万キロくらいは持つのですが、できることなら3万キロ以内のものを選ぶようにしましょう。

 

5万キロを超えるとなると、かなり安い値段で購入することができます。しかし、中古車の場合には「安物買いの銭失い」となってしまう可能性も非常に高いのです。実際わたしは35万円で普通車を購入したのですが、1年たたないうちにエンジントラブルなどが多発し、結局20万円ほどの出費が必要となりました。中古車を選ぶ際には、安さよりも質を重視するといいでしょう。購入する前に、トラブルが発生してしまったらどうするのか、という点を店の人に尋ねるようにするといいでしょう。「アフターサービス」が充実している店がいいですよね。